ドメインをとりました。これでレイアウト崩れ無くなるかも。

思考能力の深度

思考能力の深度

ここ最近でもないけども思考の浅い人が自分の周りに多くなってる気がする。
まじで国語とか大丈夫でした?的な。

というか基本的にはそこまで考える必要はないんだろうけど

例えば「冬キャンプ寒かったー楽しかったけど」と話すとする。
そして↓の写真を見せると
幕内

当たり前じゃん、なんでインナー付けないの?フライシートだけじゃ寒いに決まってる。

という答えが来るわけです。

確かにそれは正解、だけど中学生の正義感の様に何の経験や考慮のない答えをサラッというわけで。
彼の論点は「寒い」の部分なんだろう

ただこちらとしては「寒かったけど楽しかった。」なので着目点としては「楽しかった」という所に話を置きたいわけで
置きたいというよりは人の話の流れを聞いていればそこに辿り着くと思う。

そしてフライシートしかないという所はその分野の知識が少なすぎる所にもあると思う。
冬で使っているのはワンポールテントで、答えた人が言った言葉を考えると定番でよく見るインナーシートとフライ2重構造のドーム型テントの事だろう。

すべてのテントの形にインナーがついてると思ってるのではないかと。

テントの話になってしまったけども
答えた人間は「冬+キャンプ=寒い」という計算でネガティブな話と簡単に受け取っている事

自分の知識が薄く、数式で出る答えのように「当たり前」と言い切る人間が増えている。
ネットが普及して情報過多といわれるが、情報だって正確性、真偽を自分で精査しなければならないワケで

じゃあ上に書いたような人たちは何が足りないのか、というと
情報のアップデートが出来ていない。 
もしくは情報社会であるのに今でも人に又聞きという信用性の薄い所に置いている。

この人は何故その話をしているのか?どういう話の持って行き方をしたいのかという読みが出来ない。
そういう人間は話の本筋との密度が薄いディティールを延々と話し、結果話どころの落とし処が薄く面白みがない人が多い。

当たり前、という言葉に自然と支配されている人間は社会的には扱いやすい人なんだろうけど自分で思考できない時点で
人間に対して考慮や感化することができないんじゃないかと思う。
ようするに不感症なわけだ。

逆に思考ができる人は面倒くさいなどのレッテルを貼られる。

Twitterでも新社会人になる若者が「給料に対してどれくらいの家賃の物件に住めばいいのか?」というツイートに
自分は何万のに住んでいる、というレスばっかりで、一人として給料の3分の一だという答えをしなかった。
その中に一人は自分の部屋の写真までアップしていて

読解力も低下してるのか、と思ったがTwitter自体そういうものだからと割り切った気持ちもあるけど
どうも思考力は下がっているなと感じた。

誰かに話す、ということはその人に対して何かしらの用があり、感情も含めた伝える何かがあると思っていて、
ただの散歩のお誘いとしても誰でも言いわけではない。
では深読みをすればいいのか?ということではなく

人の生き方は千差万別、似たような話を知っていたとしても、
自分が経験していないのであれば相手の経験から生まれた話の先に興味を持てるようになれば良いんじゃないかと思う。

要は頭でっかちなだけの話の機微を捉えられないクソを相手にするのは面白くは絶対ならないし時間の無駄
知育してあげる必要もないし、そういうのはあ、そうですね。で終わらせた方が自分にとっても良いんだと思いました的な話でした。

よりかかる日々カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。