ドメインをとりました。これでレイアウト崩れ無くなるかも。

文化の多様化

文化の多様化

ホント勘弁してほしい位天気が変わりますね~

 
雨が降ったと思ったら今日は滅茶苦茶暖かい、とか書いてあったけどこの天気って4月くらいの暖かさかな?

 
花粉もコロナも来ちゃってアジアどうなるんだろうか。アジアだけじゃないんだけどもすでに。

 

先日作業をしながらラジオの話で結婚観についての件がありぼんやり聞いているとパートナー制みたいな状態でその人は結婚しているらしい。
相手は男性でゲイとのこと
ラジオなのでほぉ~と聞き流していたのだけども

 
今回実家に帰ると
「いとこの○○ちゃん結婚したわよ!」とその話になり
そのいとこは女性で自分が小さいころかなりのお姉さんだったので多分もう50過ぎていると思う。

 
どうやら結婚したのは職場の中のいい男友達で、スタンスとしてはパートナー制度みたいな感じとの事。
籍は入れているが家は今のところ別々で暮らしている。

 
なんでそんな形になったかというと結局のところ老後の心配らしく
体が動かなくなったり、税金だったり生きてるうちにケアが必要な部分なんだろうな。
たしかに恋愛を経ての結婚というのは通常と考えられているし
自分が難しく考えてる部分としてそこが大きいわけで
ただよくよく考えると昔だってお見合いで合意のもと結婚してたわけだし
お見合いで結婚した現在おじいちゃんとおばあちゃんなんて別に好きでもなかったとか平気でいってたしね。まあ最初はって事だろうけど。

 
自分としてはほほーそんな生き方もあるんだね。とちょっと関心した部分。

 
実際結婚観に関しては恋愛どうこうは今更難しいんじゃないか?という気持ちもあり
年齢的な部分ではなく性格的な部分でなんだけど、そうした気持ちでもパートナー的な状態であればいけるって事だもんなぁ
仲の良い異性が居ればッて話だけど

 
実際自分の遠い身内でそういう形で籍を入れるという事で身近に感じて
そういうのもいいんだろうなと思えたし、もしかしてこれからそういう時代になるのかもしれないな。

 
老後だの税金だのは別としても
病気の時や心細いときのマイナス状態で心理的な部分でも独りよりは良いだろうし。

 
という事で微妙に楽になったというか。

 
見方さえ変えればいろんな形があってこれだからダメっていうものなんてないんだなと改めて思ったお話でした。

よりかかる日々カテゴリの最新記事