ドメインをとりました。これでレイアウト崩れ無くなるかも。

ADDress清川村拠点三泊四日 2日目

ADDress清川村拠点三泊四日 2日目

あのマットに沈みながらぐっすり寝たー!と思ったらまだ夜の3時。

なんだこれ、、ただ申し分なくマットは最高。 とはいえ起きちゃったしなぁ、、思ったもののいつもならここから行動するんだけども
今自分がいるのは清川。 

何もないのに今から出るのもちょっと、、という事でベッドでごろつき倒す。

2度寝、3度寝を繰り返し。 何度となく気持ちよい目覚めをさせてくれるマットレス。 

大好きです。

また家借りた時これ買おうかな。 
前の使ってたのはコイルスプリングでボインボインしてたもんだから腰が痛くてしょうがなかったんだけど
こうもまざまざと違いを思い知らされると寝具って大切だなあって思うわけです。 毎日6時間以上はベッドの上だもんね本来。
お金かけた方が良いよねー。。

そんなこんなで朝8時 
昨日の服を選択してドラッグストアで買ったカップラーメンに湯を入れて朝ごはん
お散歩としゃれこむ。

何もないのは昨日も半端なく書いたけどもその風景が素敵だなあと。

朝八時の清川村

取りあえず何かないかと思って地図を見ると展望台なるものが近くにあり
そこからの風景はきれいなんだろうな、と思って散策路に入ると

「ヤマビルに注意!」という恐ろしい看板が。
近くにいた村人に展望台って行けますか?と聞いたら あまり要領を得ない会話が発生したので行ってみます!とにこやかに答えて山に侵入。

やべえ、、体力のなさが凄い。。 山道ちょっと上っただけで息が荒い。
しかも出てきた看板にクマがどうとか、、展望台ってそんな危ないの?

少し歩くと扉が出てきてその奥に

「森林整備の為、関係者以外立ち入り禁止」

くっそ言えや村人!行っちゃだめじゃねえか!

もうあれです。ヤマビルとかそういうのじゃなくて何故怒っているかというとビシャビシャだからです。

とりあえず山から下りてもう終了。

自分の散策終了しちゃったわけ。

ゼーハーいいながら道端に座って昨日家主さんが言ってた「バイクあったらねえ、、」という言葉が凄くのしかかる。

確かににバイクなら近くのツーリングスポットである宮ケ瀬湖に行けてそれなりにイイ風景を満喫したりご飯食べたりできるわけです。

なめんな!行ったるわ!時間なんて山ほどあるんだぞ!(休みだしね。)
一旦拠点でTシャツを取り換え

奮起してグーグル先生にナビをお願いする。

8キロ2時間。

ほぉーん そんくらい? 今10時くらいだからちょうどお昼ね。行ける行けるぅー!

と鼻歌交じりで田舎の石垣眺めながら歩いていると村人の婆ちゃんにつかまる。
凄いマシンガントークが何度もバイクと車の音でかき消されても延々話し続ける。
婆ちゃん色んな所で話しまくってるからかつけてるマスクの口元が黄色いしみだらけ。 

ホラーである。

兎に角行ってみますねっ! とかあまり見せたことの無いはっちゃけた笑顔で無理やりお別れし30分のロスである。

30分も路上で捕まえられるとは思わなかった。

そして宮ケ瀬方面に突入。

峠

バイクがどんどん通っていく、自分はちんたら徒歩。 久しく使われていない歩道の上には草が生えチクチクと歩く自分の肌を刺し
抜けたところにはチャリダーさんが休憩をとっている。 
まるでウサギと亀みたいだなぁ

おはようございますと声をかけて

進んでいくと丘に腰を掛けて自分の畑を見るおじいちゃん。

自分の住んでいる場所がすきなのかな、イイ風景だし。

とは言えそんなさわやかな考えをしたとしても日は上り、私を照らし、Tシャツは濡れていくわけです。

これ白T 
乳首透けちゃうんですけど。

そんな後悔もしながらさわやかに挨拶をしてすり抜けていく。

さすがの峠、山ほどの極端な疲れではないけどもじわじわと体力が削られてるのが分かる。
そして両ふくらはぎさんが悲鳴を上げだしている。

登り切ってようやく湖が見えだす。

宮ケ瀬

奥にずーっと道があるでしょ?
あそこ通ってきました。

グーグル先生があと30分というのでとにかく頑張る。
太陽のきつさは相変わらずなのだけども湖近くを歩いているせいか涼しい風が吹いていて気持ちいい

あ、でもこれあかん奴や
あとで寒くておなか壊すやつ。

取りあえずもう座りたい気持ちが半端なく、宮ケ瀬のお店がある所まであとちょっと。
ふくらはぎさん’sはもう限界。

宮ケ瀬商店街

ようやくついて、賑わう商店街でメニューを選びたい気持ちはあったのだけどもとにかく座らなければいけない使命があるので
すいてそうなお店で何も考えずカツカレーを頂く。

宮ケ瀬 カツカレー

ルーは甘口だけどご飯とカツの皮が固く食べ応えがあっておいしかった。

分かんない、たぶん今なら何でもおいしいのかもしれない。

ねこ

その後休憩をとって散策に向かおうとするももうやめてという悲鳴がツインズから聞こえてきそうなので大人しくバス停に。

ここから拠点までバスで400円くらい。

山道をバスの巨体でワインディングをかましつつハイキングの人と村人を載せていく。

限界突破して寝てしまいました。

取りあえずこのまま帰るのもしゃくなので主さんから聞いた近くの温泉で下車

別所温泉

下車してからもちょっと坂道を歩きヒーヒーいいながら到着

別所温泉

入館料700円(3時間以内)

を払う。時間で分けられてるのね。どれだけここに居続ける人がいるのだろうか。
施設内は温泉と大広間にちょっとしたレストラン。

うーん謎。

そそくさと温泉に向かい体を洗って入浴。ちょっと熱めで疲れてる体には心地よかった。
あ、疲れてる時ってお風呂長くは入れるもんなんだなって思いました。

温泉にはサウナもあったので入ってみたかったのだけど村人がみっちりだったので止めました。

ゆっくり40分くらい入って大広間へ。
大広間の天井

仰向けになってぼーっとしてると気持ちいい。
まだこの状態じゃ帰れない。

というか食品階に行かなきゃいけないのでもうチョイ体力を戻したい。

今日は消費カロリー凄そうなのでアイフォンでチェックすると

消費カロリー

行きましたわ。

そらつかれるって。

ただまあそれなりにレジャーを充実させた感があるのでこれはこれでいいとしよう。
そもそもこういうアクティビティー都内でもやってたしね。
嫌いじゃないんです。

30分くらいグダグダして
ドラッグストアに寄って買い出し。

今日はお総菜を見つけたのでそれで晩酌!

思ったんだけどやっぱり持つバッグの容量無いときついな。
清川だけかもしれないけど自炊といったってずっと持って行く食材なんて買えないし
リュックはきつい。

バイク治ったらツーリングバッグに入るので期待。
そしたら気兼ねなく行けるとおもう。

今日はこのブログをサテライトオフィスで書いて本日終了。

あとは晩酌しつつお楽しみベッドでねます。

おやすみなさい。

多拠点生活カテゴリの最新記事