ドメインをとりました。これでレイアウト崩れ無くなるかも。

ADDress静岡 新蒲原拠点 六泊七日 2日目

ADDress静岡 新蒲原拠点 六泊七日 2日目

燕のお宿朝6時

おはようございます朝6時

秋だというのに新蒲原はそれほど寒くなく、外の空気を吸いに行ってそのまま散歩へ
気持ちの良い風が吹く町だなと改めて思うくらいの場所です。

ただひたすらレトロだけども。

ちょっと旧街道を歩くと
「蒲原城址20分」という看板が出てきたので山をあがっていく道路をすすむ。

どうやら蒲原城址の方であろう山道が出てきて進もうとするも蜘蛛の巣だらけ。
しかも寝巻のままという。。

寝巻のままでも大丈夫なくらい人に会わない素敵な場所。

降りようかなと思って振り返ると山間から海が見える。

蒲原城址ちかく

身体も暖かくなりイイ感じの運動になったのでゆっくり降りて神社でお参りをして

拠点にぶらぶらむかうも
なかなか可愛いピクトグラムだったり手書きのイラストだったりを目にして朝から気分も良いわけです。

いたわりゾーン
手作り

拠点についてから初の拠点での仕事。大丈夫かなと不安もあったんだけど
実際家より仕事が進むし集中できる。
テレビが無いというのも一つかもしれないけど知らない場所という環境的な部分が大きいかもしれない。

ちょっと前までは休憩したら何か見つけてそっちにかまけたりしてたけども今はそれもなく向き合うのはPCだけなので作業は快適。

お昼休憩は今の拠点に泊まっているケンタローさんと一緒に食べに行く。
昨日行ったイオンの中華。実はあそこなかなか美味しいんです。

とまあ知らない二人が同居生活の様な変な感じでもあるけども、知らない街で他人同士で昼間は仕事をしながら空き時間で話したり飲んだり
違う仕事なのでお互いの仕事の話を聞きあったり
こういう世界もあるんだなぁ

昔友達と住んだことあったけどギスギスしてたし自分には合わないのかと思ってたけど多拠点生活にはいい距離感があるのかもしれない。
スタートから知らない人っていうのが肝なのかな?

6時に仕事が終わりケンタローさんと散歩する。旧東海道を歩くも真っ暗で何も見えないという事態に
街灯も少なく車道を通る車もあまりで
田舎ってすごい!という話をずっとしてたわけです。

ホントはよさげなお店あったら入ろうかなんて話してたんですが

ありませんでした。

結構歩いてしまったのでへとへとになりながらいつものスーパーによって半額のお寿司を見つける。
びっくりしたのはカニのお寿司があってこれは見たことないから喜び勇んで買うも多分かにかま?
ほぐしたカニの軍艦の方は本物でやられた感があったわけ。

ビッグのお寿司

そんなこんなで楽しい2日が終了。

↓アドレス会員じゃなくても泊まれます。↓
BACKPACAKERS HOSTEL 燕のお宿
Tel: 054-340-5240
〒421-3203 静岡県静岡市清水区蒲原3丁目19−28 3−19−28
→website

ADDress静岡 新蒲原拠点 六泊七日

ADDress静岡 新蒲原拠点 六泊七日 1日目
ADDress静岡 新蒲原拠点 六泊七日 2日目
ADDress静岡 新蒲原拠点 六泊七日 3日目 黄金丼
ADDress静岡 新蒲原拠点 六泊七日 4日目 いるかすまし
ADDress静岡 新蒲原拠点 六泊七日 5日目 しずまえ丼
ADDress静岡 新蒲原拠点 六泊七日 6日目 うなぎ

放浪記カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。