ドメインをとりました。これでレイアウト崩れ無くなるかも。

マットレス

マットレス

遂にこの事に対して1記事書く事になるとは。。

というか実家に戻ってから所用で世田谷に行くことになり二子玉川の拠点に2泊。
その間に友達に会ったりしていて

「マットレスマットレス書き過ぎ。」

という言葉を頂く。

そう言い過ぎている。それは分かっている。

何故ならこれほど感動したことがここ数十年なかったわけだ。
常に睡眠不足の生活をしていた自分の中で
「大人になると365日の1日体調が良い日があればいい方」
という持論があったわけだけども

コレは新しい世界を知らない未熟な我がウズラの卵ほどの世界の中での持論であったと
そう言い切れる程のブロークンウズラする位の衝撃だったわけです。

実家に帰ってきて母親も無事戻り、自分の仕事&書類関係も一通りこなしてバイクのパーツをバイク屋に届けあとはバイクが戻ってくる状態にある訳ですが、
先日老体の両親との話の中で
「睡眠時間が足りないから体力の回復もなく昼寝してしまう」
という老人あるあるの話を聞いた時に、 そういえば、という事でマットレスの話をしたわけです。
まあサクッと買える値段でもないからこんなの有ったんだよレベルでの話だったわけですが
何故か興味を持ったらしく、Amazonで両親二人のコアラマットレスを購入。

そろそろちゃんとしたマットレスを欲しかったらしくただ選ぶ基準が分からなかっただけとの事。
良い機会だったんだろうな。

自分の分はかたくなに断り(実家にはめ込まれてしまいそうだから。)
4日後に到着。
ウレタンで出来ているので圧縮されてロール状態を開き24時間後に完璧な状態になるとの事。
とは言えそれを待って寝る事も出来ないので次の日起きた母親は

「何あれ、、腰痛い。」

というも、24時間たってない状態だからじゃないかという事でその次の日
朝から見るからに元気ハツラツとして7時間寝たの久しぶり!とかのたまいやがる。

確かに睡眠も簡易的に記録できる母のリストバンドも深い睡眠がかなり多くなっている。

ほらみろと。 言わんこっちゃないと。

実際の所 人の重さとか体型によって違うもんなんじゃないかと思っていたので同じ体験をしてもらえてよかった。

因みにとーちゃんはダメでした。沈んで寝がえりが打てないと。
そもそも寝返り打ちたいなら床で寝ろ。と思うわけです。論点が違う。
親父には要らなかったものなのかもしれません。

という事で良き状態になってくれたので良かったなと。
「死ぬまでのちょっとした贅沢」とカーちゃんは言っていたけど
まだ元気でいて欲しい。

そして早く自分は実家から出たい。
強く思っている訳ですがバイク年内に直るかなあ、、

因みにそのマットレスはコレ↓

コアラマットレス
※アフィじゃないので公式サイト乗っけておきます。

よりかかる日々カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。