ドメインをとりました。これでレイアウト崩れ無くなるかも。

東京の家

東京の家

相変わらず朝は散歩、富士山の様子を確認しながらコンビニでコーヒーを買い
帰宅して仕事の実家生活をしている訳です。

ちょっと思ったのだけども散歩はホント欠かさずやっているので我ながら凄いなと。
凄いというか外に出ないというストレスがきついだけの話で別に大した事は無いんですが

流石にバイク待ちで実家に居るのもアレなのでスーモで東京の家検索。
というのも旅で分かった事があり、自分は元々小さい部屋が好きだったという事。

今更だけど何で広い家を借りようとしてたのだろうか、というか正直一人であれば自分みたいな大男ですら30平米もいらないんですね。

この歳になると友達がうちに来たりなんて滅多にないことだし、作業して食って寝てだけの場所であればもっと狭くていい。

昔フィフスエレメントという映画の主人公が澄んでいた凄いシステマチックな狭い部屋がカッコよく
黒川紀章のデザインした未来チックなカプセルタワー内部、はたまた自分でカプセルホテルの箱を買おうかと真剣に考えてみたりするレベル。
因みにこちら

正直アドレスに払っている値段で家賃が賄えれば光熱費+通信費に足が出ても良いかなと思い
4.5万で検索。

最初は風呂無しの和便がいっぱい出てきたんだけども
そこそこありますねこんな安くても。
確かに狭いが6畳あれば後は工夫次第なのかなと。
DIYしてシステマチックにしたい。

そもそも都内に帰る、という事すら自分にとって意味がある事なのか今は未だ分かってないけど。

パソコン一つ持っていろんな場所に行き、仕事をしながら旅をしてみて
生活自体にはそんなに物が要らないという事、PC一つで仕事も娯楽も賄えてしまうという事。
同じ服でも小綺麗にしていれば大丈夫だし、ミニマリストになることは無理だけどかなりソリッドな生活になるんじゃないかな。

ワークスペースだけ仲間で借りてという形もありかもしれない
色んな形が出来そうでそんな生活も楽しいな。

よりかかる日々カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。