2020年を振り返って

という事で2020終わります。

皆さんどうでしたでしょうか2020年
多分皆さんにとっても激動な年になったんじゃないでしょうか?
という事で

今年振り返ってみると良くも悪くも自分自身動きのあった年だったかな

残念ながらめっちゃ儲かりました!とかはなくそこら辺はいい加減ちゃんとしないとなので来年。
と言いつつプライベートも激変!という話も特になかったけども。

1月


2019年後半から仕事が不安定になり友達の事務所でお世話になりながら幾つか頂いていた常駐案件の話の進みを待つも資本が大きな会社なため許可が下りるまでに時間がかかり3月まで貯金を減らす日々でした。

本当にきつかった。

多分ちょっと余裕があれば稼ぐ方法考えられたんだろうけど
貧すれば鈍する。ってまさにこの言葉通りなんだなと今思います。
日々の事だけ考えて先を見れない。頭の回転さえ鈍ってしまう。
若干やけくそになってた気もするな。

コレは教訓だな、、二度とならないようにしないと。

取り敢えずようやく二月の半ばで許可が下り、豊洲の会社に常駐する事になる。

2月

スーツを引っ張り出して会社に常駐するわけですが
豊洲が滅茶苦茶遠い。
在宅基本とは言え良く外に出て行動していたはずだけど会社に着く頃には息切れが凄い。
そしてデザイン業界ではなく大手傘下子会社の1部署としてあるウェブ制作部門を手伝う事になったのだけども普通の会社員を味わったことがない自分としては奇妙な生活でした。
終業のあいさつが終わったらみんな帰るのかと思いきやグダグダ話し始めて帰らない。

あー残業こんな感じでとってるのか、、10分刻みでした。残業付くの。

自分含め担当3人という部門だったわけですがデザイナーとして入ったものの
案件の進め方や値段の決め方、デザインは特にめちゃくちゃで利益が出ていないという所がそもそも間違ってますよ的な感じで話すも理解してもらえずちょっとずつ教えて行くことに。

教えてやるとか俺すげえ!上目線!という風に聞こえるかもしれませんが

本当に制作会社の真似事をしているだけで会社の利益を考えてない状態だったんです。
正直ちょっとやばいなって思いました。
結果いつもと同じ動き方になってしまう。社員の方にはちょっとずつデザインやウェブの事を覚えてもらう感じで。

3月

コロナ到来。
大手の会社さんらしく通達があり即テレワークに。
そもそも自分はその生活だったしPC環境も自分の持っている物の方が良いので万々歳。
ただし上記のように普通の会社さん。
作業中でこちらがチャットに入らないと不安なのかしきりに連絡してくる始末。
ここも何度も説明したんですが、正社員ではないのでお金もらってる以上自分のやるべき事をこなすんですよ。というも分かってもらえず大変。

やり取りが多くなったお陰で会話が増えて仲良くなれた気がします。

が、説明一回で話を終わらせる為に相手に丁寧に説明できるスキルがなく理解するまでに物凄く時間を要する。
ここら辺もボイチャで何度も説明する。

制作会社って言うのは結構会社の根幹をきっちりやってたんじゃないかと思う。
というかこの会社だけなのかな。

後トイレットペーパーを買い占めようとする老人たちを目にして
人間の業を感じた。

4~5月

非常事態宣言が出る前、キャンプは活動的に大丈夫という巷のうわさを聞き伊豆にキャンプ。
自分のようなキャンパーがあと二組居て
皆恐る恐る来たという。

3組とも10メートル以上の空間を開けて会話してて面白かった。
気分転換に来たものの罪悪感の拭えない状態。
コロナの最初の方は本当に同調圧力がきつく、こういう噂だけが飛び交い
メディアもめちゃくちゃな論法を展開。
極力外には出るな、NYは危ないから日本もそうなる。
体の健康は維持しろ。 人と会うな。
地方はナンバーを写真に撮って帰ってきた人に嫌がらせをする。

SNSでもそういう意見を多々見てしまい嫌になってテレビも年齢層が高いFBも見なくなってしまう。
未知のウイルスが来たのに安倍内閣が、安倍やめろ!とか
今そんな事したら対応遅くなる事分からない連中や馬鹿にすることしかしない年寄り共に飽き飽きする。

余裕があればここまで醜い部分を見なかったんだろうけど
曝け出してきたという事はそもそもその人の根幹はそれなんだろう。

この時付き合い辞めた人も居るが
ネット上でしか今後合わない人だろうし別にそれは良いかなと。

6月

ちょっとした合間にまたキャンプ。
同じ車種のバイクオーナーの友人と秩父でキャンプ。

天気も良く滅茶苦茶空いてるキャンプ場に行ったので楽しかったわけです。

人と一緒にキャンプするのは久しぶりで面白かったなぁ。
もうなんというか抑圧された外出欲がキャンプとなって放出される感じ。
この頃はもうホントに人に会わなかったなぁ、、

とにかく仕事の人としか話さないような日常。
外出理由がスーパーに買い出しだったので太る太る。
皆に太った?って聞かれてたんですが、みんなも太ってますよ?という不思議な世界。
地味に図書館がやっていて助かった。

仕事の方はこの時期会社の人が効く耳をちょっとずつ持ってくれるようになり
色々共有出来てきて部署の寿命伸びたんじゃないかと思っていました。

7月

もうアレです。ストレスマックスでした。

千切れんばかりにオンラインオフライン問わずヘイトまき散らす情弱人間が嫌いになっていました。

「みんな混乱してるんだから分かってあげて。」

みたいなクソ意見まで聞かされて。
だったら政府のページ見て調べろよ。と。
何故ちゃんと方針を打ち出している情報をしっかり見ないで皆がそうだから、、みたいな意見ばっかり見てしまい北海道ツーリングを決行。
国の方針と都の方針がズレていて初めて省がつく所に電話して質問した。

その時のブログはこちら

そして動画はこちら↓

8月

北海道ツーリングをして思う事があり、まさに自分が昔からやりたかったことを再確認する事になる。
そもそも独立して仕事をする元はそこだったわけで。

ただ当時は出来なかった事が今できる。
果たしてこのまま横眼で眺めながら生きて行くのかな?
やったとしても何が変わるか分からないし変わらないかもしれない。

歳をとると腰が重くなる。

というが身体的なものでは無く責任的な部分なわけで

迷惑が掛からないように色んな人に説明して理解を頂くことをする。
親はやはり拒否。
会社の人はどんどんやってみてくださいとの事。

自分の中でもかなりの決断だった。
実際ちょっとビビってました。

9月~11月初旬

9月半ばに引っ越し、後半に言わずもがな多拠点生活Addressをスタート。
バイクがないせいでバックパッカー生活で各地を転々とする。

多拠点ブログはこちら

初めての試みに新鮮味と不安もあったが人は1週間あればその場に慣れるという事に気が付く
基本的に生活のルーティーンは変わらなく、場所が移動するだけの状態なので機能的な生活になった気がする。
各地の友人やお世話になった人、出会った色んな人と話をすることで再発見することが多い時間だった
ただ旅疲れも出て来て外食が辛くなったり、各地の拠点によって自炊が出来る出来ないもあり中々大変。
娯楽は観光もあるけどPCさえあればある程度賄える。
服も別に苦労する事は無かったもののここで事件が。

会社の部門縮小決定により解雇。

理由はコロナでも部署の仲違いでもなく、親会社的理不尽です。
子会社内だけで仕事を取ってこい、外販はダメという方針になり
という事で子会社に連絡するもコロナで会うことが出来なく仕事の延期が増えてしまう。
要は利益が出ない事が当たり前の状態なのに利益が無いから縮小という形に。
どうやらその部署一人だけになるらしい。 そんな部署要る?
外販があればコロナ対応向けの製品をいくつも用意していただけに流石に可哀そうになった。
こちらはそういう事慣れているのだけど申し訳なさそうに説明してくれる二人に何か申し訳ない気になった。

11月後半~12月

次の仕事も探さなきゃいけないのと会社の年末調整の作業、バイクの様子もあり実家に帰宅。
帰ると次の日母が入院。

男二人猫二匹烏骨鶏いっぱい+メダカ で生活。

11末までにラスト制作案件をこなすも不安をぶつけてくる社員さんにブチギレてしまう。
上から言われてたことをそのまま伝えてくる訳でまるで仕事に手を抜いているかというような有様。
毎日凄いこなしてるの分かりますよね? というと

知っている、が上司の言葉なので伝えました。

と。

いや、知ってるなら上司に報告しましょうよ。。

取り敢えずなんとか引き継ぎが出来て会社とのお付き合いは終了。

そしてまたバイク仲間の友人と冬キャンプ
旅用バックパックに詰め込んで薪ストーブを抱えて車に乗せてもらう。
リュックでも行けるもんですな。我ながら感心。

そしてやはりキャンプは楽しい。

バイクの件も難航していて部品を自分で取り寄せする羽目に。
そんな中次の仕事が決まり12月半ばからスタート。良い出だし。

そしてなんだかんだあったバイクも修理完了。
自分の手配部品含め15万かかるとは思わなかった、、が
ディーラーより全然安いし買った時の症状もすべて見てくれたのでお値段的には全然あり。

そして今。バイクのさび落としをしながら年末を迎える感じです。

どうだったんだろう、なんだか忙しく濃密な1年だったような。。中身は置いといて。

来年は実りを作る年にします。

皆様も良き年末、そして2021年素晴らしい年になりますよう

来年もどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年を。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。