そしてこれから

またもや時間がたってしまいましたが
あれから心一瞬荒れた後落ち着きました。

まあ仕方がないというかこれが地方で暮らすスタンスなんだろう。
一瞬帰ろうかとも思ったけどもそもそも四国と九州にゲストハウスを作りたいだけなので別にここじゃなくても良いわけで。

悔やんでも仕方ないので物件をアットホームで検索すると隣の市でお、これは!?という物件を発見。
値段はそこそこ、というか手のひら返しされた物件と同じくらいの値段。

ただ次の物件は東京に住んでツーリングで四国に来た時に絶対泊まるキャンプ場。
公園に併設されたキャンプ場なのだけどもその公園から見る夕日が好きで気に入っている場所。

公園と物件の近くにコインランドリーとコンビニ、スーパーも徒歩で行ける好立地!

もうね

決めました。
正直手持ちのお金だけでやろうとしたら※多少の手直し(プロ的な)が絶対必要なのでそれはもうやめ。
空き家一覧見れば見るほどダメ条件の物しかなかった。
見た目は良いけど中が古すぎたり 山奥すぎたり あまりいい噂を聞かない地域だったりという感じで。

それにあんまスピったこと好きじゃないけど自分が必要としていた場所とちょっと思ったり

買います。

よくよく考えたら普通車一台買うくらいの値段だし、好立地に加えテナント物件なので弄り易そう。
修理は確実にしなければいけないけどもまあこれなら、、って感じかな。

1階がテナント2階が住居となっていたようで6畳が4部屋 1.2階共にトイレキッチンがある。
念頭に置いていた浄化槽も装備されているし残置物もなし。
間取り図と周辺を散策したところ人が動く動線が見えてどういう風になるかのイメージがしやすかった。

デメリットとしては駐車場がない。まあこれは契約すればいい。多分安いし。

あとは残置物なさ過ぎて給湯器すらないのでちょっと工事が必要かなという所
最近はその隣の市役所に行ってどういう補助金が使えるかと、顔合わせをしている感じです。
購入後も大幅にお金がかかりそうなのでそれを何とか抑えたい
とはいえ補助金は用途が決まっているので降りるまでに色んなチェック項目を超えなければいけないわけでなかなか険しい。

税金だしそりゃあね。
そこまでして大して使えなくてもメリットはあって、補助金を使うことによってその市の実績として換算されるので県での告知が出ることになる。
それは願ったりかなったりなので使う意味はそこにはある感じです。

とりあえず頑張ろ、
まだ手に入ったわけじゃないから注意は必要だけど。

今度は手に入れて進めていきたい。

という事でカテゴリにゲストハウス奮闘記を入れてみた。

次回こうご期待!!
(もう取られるのは嫌っ!)

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。